忍者ブログ

ume2brandnew

クサシギのマサ

不倫の問題を相談するなら弁護士に相談するようにしましょう。離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談しましょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談しましょう。相談者が女性の場合、近所の奥さんや知人などに相談してしまう方もいますが、噂のタネになりたくないなら、どんなことがあっても止めましょう。興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、変わりはほとんど無いと言っても言い過ぎではありません。興信所も探偵事務所も、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような類似した仕事をしています。ただし、あえて言うと、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人向けのようです。事前に成功報酬と言われていても、もし、浮気調査の依頼したとすると、調査期間が3日間あったとしてその3日の間だけは浮気がなかったとすればその調査に関しては成功ということになります。実際に浮気があったとしても、その3日間だけ浮気が見つからなければ、浮気とは分からないまま、調査期間を終えてしまい、成功報酬を請求されるのです。離婚も辞さないつもりで、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。しかし、単独で行くのは、揉め事を大きくする可能性があるので、止めておきましょう。信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。あなたが信頼できる方がいない場合、探偵等に頼むことをお勧めします。探偵に依頼するなどし、浮気の証拠を押さえる手段も良いと思います。浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、自分で証拠を集めようとするでしょう。ですが、自分だけで浮気の決定敵な証拠を入手しようと思っても、相手に感づかれてしまう可能性は低くないでしょう。理由としては単純で、あなたの顔が相手に認識されているのからです。浮気調査の費用を節約する方法は、できる範囲のことは自分で前もって調査を済ましておくようにしましょう。調査というと引いてしまいがちですが、難しく考える必要はありません。毎日、パートナーの行動記録を付けておけば調査費用の節約につながるのです。毎日、仕事に出る時間、帰ってきた時間、電話で誰かと通話していれば、着信時間と通話時間も記録するようにしましょう。自ら動くより、探偵に浮気調査を頼む方がいいと思います。探偵に依頼すると、浮気の証拠をちゃんとつかんでくれます。自ら浮気調査をしてみても、パートナーが浮気していることくらいはわかるでしょう。だからといって、パートナーを責めてみても、浮気の事実を認めようとしなかったら、有利な条件で離婚できません。そのためには、絶対確実な証拠が必要です。夫が浮気しているところを奥様がつかまえてひどい状況に陥るのは、小説やドラマでしばしば目にします。ご主人の方が浮気の現場に踏み込んだら、殺傷沙汰にまでなってしまうシナリオもよくありますね。浮気の現場を直接つかまえるのも方法としてアリです。別れるつもりがあるならば、試してもいいと思います。浮気である証拠をカーナビによりつかめます。カーナビにある履歴を確認し、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられることがあります。履歴が見慣れない場所であった場合注意が必要です。そして、よくガソリンが入れられていた場合、デートに車が使われている可能性はゼロではありません。
PR

コメント

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

カテゴリー

P R